最強吟者秘蔵音源

のイメージ画像

秘蔵音源:愛連2部決勝S59

S59年愛国詩吟総連盟吟士権者決定詩吟大会 指導者級 吟士権者 前重興亮 予選:九月十五夜(菅原道真)   決勝:秋思詩(菅原道真)   最後の「酒を飲み琴を聴き 又詩を詠ず」の節調は詩情を最大限に詠われた、なかなか誰にもマネのできないような一節です。 当時12傑の出吟12番、吟じ終えた余韻を残す会場で、一瞬の静寂の中、会場内に割れんばかりの大拍手が起こりま… 続きを読む

秘蔵音源:吟士権者S48からS55

歴代吟士権者:吟士権者S48からS55   S48指導者級 愛連 忽那哲夫 楠公慕前作(吉田松陰) 群雄割拠の時代にして、節以上に声の良さが際立つ一吟。 「鳴呼忠臣 楠氏の墓」の「鳴呼」の感嘆、「人間の生死 何ぞ言うに足らんや」の「生死」の8は、特に聞き惚れる一節です。   S49指導者級 愛連 中尾克久 桜花詩(作者不明)   小気味良い節回しが… 続きを読む